メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

魚類

ウナギの寝床「狭かった」長距離回遊後は定着傾向

 絶滅が心配されるニホンウナギはグアム島近くの太平洋の産卵場所から2000キロ以上を回遊してきた後、成長のために川を遡上(そじょう)すると、一度定着した狭い範囲に長くとどまる傾向が強いことを神戸大や東京大の研究グループが突き止めた。親ウナギに超音波発信器を付ける新手法で調べ、淡水魚の生態に関する専門雑誌に発表した。

 保全に向けた対策を考える上での貴重なデータ。ニホンウナギは川で成長し、10年前後で産卵のため再び海…

この記事は有料記事です。

残り409文字(全文617文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 卓球 福原愛が現役引退を表明 自身のブログで
  2. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権
  3. 福原愛 台湾で結婚披露宴 「試合より緊張する」
  4. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  5. 兵庫・西宮 80代夫妻が死亡 無理心中か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです