メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ジャンプ

最高の「お姫様だっこ」高梨、コーチと絆

平昌五輪のジャンプ女子で銅メダルを獲得し、山田いずみコーチに抱きかかえられ涙ぐむ高梨沙羅=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月13日、山崎一輝撮影

 【平昌・江連能弘】流した涙の理由が、4年前とは違っていた。平昌冬季五輪のノルディックスキー・ジャンプ女子で高梨沙羅(21)=クラレ=が12日夜、自身2度目の五輪挑戦で初のメダル獲得となる3位になった。4年前の悔しさ、今季の不振--。さまざまな思いを抱えながら海外の強豪に食い下がり、表彰台を射止めた。重圧から解放された涙が、心地よく頬を伝った。

 会心のジャンプになった2回目を着地した瞬間、白い歯がこぼれると同時に、涙腺が緩んだ。すぐにチームメ…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 政府、20年度に「宇宙作戦隊」を新設 概算要求に計上

  4. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  5. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです