メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ドーピング

禁止物質検出の斎藤慧コメント全文

斎藤慧

 スポーツ仲裁裁判所(CAS)は13日、平昌冬季五輪スピードスケート・ショートトラック男子日本代表の斎藤慧(21)=神奈川大=がドーピング検査で利尿作用のある禁止物質アセタゾラミドの陽性反応を示し、暫定の資格停止としたと発表した。斎藤は同日、日本選手団を通じてコメントを発表した。

 コメント全文は以下の通り。

今回、この様な検査結果が出たことに大変驚いています。

この記事は有料記事です。

残り788文字(全文968文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 8日以降臨時休業の店も 先行きに不安の声広がる 緊急事態宣言対象の福岡県

  3. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  4. ライブハウス自粛影響調査 困窮浮き彫り 札幌のバンド有志「他業種が声上げるきっかけに」

  5. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです