メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

在任期間

麻生財務相1875日 戦後1位 宮沢氏抜く

麻生太郎財務相=首相官邸で2018年2月9日、川田雅浩撮影

9日の会見で「長くやりゃいいってもんでもないだろう…」

 麻生太郎財務相の在任期間が12日で1875日となり、宮沢喜一氏の記録を塗り替え戦後最長となった。2012年12月の第2次安倍晋三内閣発足以降、デフレ脱却を最重要課題に掲げる首相を支え、菅義偉官房長官と並ぶ政権の屋台骨として存在感を示している。

 麻生氏は12年12月26日に財務相に就任。連続在任期間は16年9月9日に戦後最長となり、通算の在任期間でも戦後1位となった。麻生氏は9日の記者会見で「長くやりゃいいってもんでもないだろう。それだけです」と素っ気なく話した。

 麻生氏は、大規模金融緩和を推進する日銀と連携し、当初予算や経済対策を盛り込んだ補正予算の編成を通じ…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文773文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  2. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです