メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

製薬各社

インフル猛威、新薬発売へ 

ワクチン、製造期間短縮も

 インフルエンザが猛威を振るう中、製薬各社が治療薬やワクチンの供給強化に向けた取り組みを進めている。塩野義製薬は従来よりも少ない服用回数で治療できる新薬の今春からの販売を目指す。化学及血清療法研究所(熊本市)はワクチンの製造期間の短縮方法を研究中だ。

 塩野義は新薬「ゾフルーザ」を開発した。1日2回、5日間服用が必要な既存薬のタミフルと比べ、錠剤を1回飲むだけで効果が期待できる。昨年10月に厚生労働省に製造販売承認を申請し、近く承認される見通しだ。優れた新薬を世界に先駆…

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文622文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 千葉県警 小学生女児に強制性交の疑い 教諭を逮捕
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. ORICON NEWS 石塚運昇さん死去、「ポケモン」オーキド博士後任は未定 10月1週目放送まで収録済み
  4. ORICON NEWS 石塚運昇さん訃報「ポケモン」関係者から悲しみの声 業界の垣根を越えて
  5. 兵庫・ダム遺体 大阪の男2人逮捕 死体遺棄容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです