メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪アイスホッケー

日本、スイスに屈し連敗

 平昌五輪のアイスホッケー女子は12日、1次リーグの第2戦、B組の日本代表「スマイルジャパン」(世界ランク9位)はスイス(同6位)と対戦し、1-3で敗れた。日本は序盤から積極的に攻勢をかけ、相手の2倍以上となる38本のショットを浴びせたが、第3ピリオド7分にFW久保英恵(西武)が決めた1点にとどまった。スイスは第2ピリオドにFWサラ・ベンツが2点、第3ピリオドにFWアリナ・ミュラーが1点を決め、勝利をたぐり寄せた。

 日本は初戦のスウェーデン戦で今大会初ゴールを決めたFW浮田留衣(ダイシン)が1試合の出場停止で、スイス戦を欠場した。国際アイスホッケー連盟は、スウェーデン戦の終盤、浮田が相手を蹴る行為をしたとして処分を科した。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 革命叫べば逮捕、ならば無言で抵抗 香港人が訴える「目に見えない大切なこと」

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  4. 国内初のワクチン治験 吉村大阪府知事「前のめりの政治主導」の危うさ

  5. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです