メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

五輪ジャンプ

伊藤有希 レジェンドの薫陶

スキージャンプ女子ノーマルヒルの練習後、ジャンプ台を見つめる伊藤有希=アルペンシア・ジャンプセンターで2018年2月8日、山崎一輝撮影

 小学6年の時、2段ベッドから間近に見える天井に「オリンピックで金メダル」と書いた紙を張り、目標を体に染み込ませてきた伊藤有希。指導者でもある郷里の先輩・葛西紀明の薫陶を受けて成長し、夢の舞台に臨む。

 中学2年で世界選手権に出て「スーパー中学生」と騒がれたが、2歳下の高梨沙羅に抜かれ、中学、高校時代の大半は伸び悩んだ。急成長を遂げたのは、葛西が監督を務める土屋ホームに入社した2013~14年シーズンからだ。

 父はノルディック複合、母はアルペンでトップ選手という「サラブレッド」だが、実は運動が苦手。高梨に次ぐ国内2番手の力はあったものの、葛西が「教えることがたくさんあった」と課題が多かった。しかし「有希はいつも居残り練習をしている。まじめさは見習わないといけない」と語るほどの努力家。葛西は早朝にランニングをするが、伊藤はそれより先に起きて走ることもあり、葛西が負けじと早起きするなど、22歳の年齢差を超…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文776文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. チュートリアル徳井義実さん 24日から活動再開 申告漏れ発覚から4カ月ぶり

  2. 都内勤務の千葉県40代男性の感染を確認 症状出た後に広島、岐阜に出張

  3. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  4. 「月収7万円減」新制度開始 自治体の非正規職員から上がる悲鳴

  5. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです