メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『針と溝』齋藤圭吾・著

接写で表出するのは音楽に身を委ねた証

◆『針と溝』齋藤圭吾・著(本の雑誌社/税別2750円)

 音楽に「身を委ねる」という表現が好きだ。映画や演劇作品では、個人的には「向き合う」なんて感覚でいる。音楽って、没入して、同化する度合いが高い。そんな、こちらの考えに頷(うなず)いてくれる人は「ダウンロードなんかじゃ聴かないよ」と強がる姿勢にも賛同してくれるのだが、そう強がる姿勢に呆(あき)れ顔を向ける人は増える一方。パッケージで音楽を売る商法は、すっかり中年向けに特化されてきている。

 いや、音楽の聴き方はコチラが正しいのだと、つい意固地になる。身を委ねることで、こちらにも負荷がかか…

この記事は有料記事です。

残り615文字(全文904文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです