メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

木村 衣有子・評『シードルの事典』小野司/監修

賑やかに泡が立ち涼やかでキレがよい

◆『シードルの事典』小野司/監修(誠文堂新光社/税別2400円)

 あるとき、ワイナリーを営む人に、ハンバーガーに合うお酒といえばシードルですよと教えてもらったのを思い出す。コーラと同じくしゅわしゅわしていて、もっと爽やかでしょ、と。

 そういや、今年の口開けのお酒は、シードルだった。カレンダーの都合上、1月2日から早くも仕事はじめとなり、景気付けに、レストランにおせちを注文したのだった。大晦日(みそか)に受け取りに行くと、おまけです、と、シードルをひと瓶添えてくれた。店主の実家からそう遠くないところにあるという果樹園特製のもの。コップに注ぐと、賑(にぎ)やかに泡が立ち、りんごの香りは涼やかで、飲み口はとてもキレがいい。すっと口中を過ぎ去って、その感覚をまた確かめたくなって、もう一口。…

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文907文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途
  2. 辺野古移設 政府が遅延損害金請求検討 1日2000万円
  3. アジア大会 バスケ不祥事、4選手帰国 認定取り消し処分
  4. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  5. 夏の高校野球 大阪桐蔭、済美降し4年ぶり決勝進出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです