メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーキング

2試合で3発のバチュアイ、ドルトムントは完全移籍での獲得を希望か

情報提供:サッカーキング

新天地で活躍を見せているバチュアイ [写真]=Getty Images
 ドルトムントが、今冬チェルシーからレンタルで加入したベルギー代表FWミシー・バチュアイの完全移籍での獲得を画策しているようだ。12日、イギリス紙『デイリーメール』が伝えている。

 ドルトムントは今冬、アーセナルへガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンを放出した。バチュアイはその後釜として加入し、移籍後2試合で3ゴール1アシストを記録するなど大活躍。これを受け、ドルトムントは同選手を完全移籍で獲得することを考えている。しかし、現在のレンタル契約には買い取りオプションがないという。

 ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEO(最高経営責任者)は、今冬の移籍交渉で買い取りオプションを付けられなかった理由などの裏話を次のように明かした。

「我々はミシー・バチュアイの契約に買い取りオプションを付けようと全力を尽くした。しかし、チェルシーがそれを認めなかった。ロマン・アブラモヴィッチ氏(チェルシーのオーナー)がノーと言えばノーなんだ」

「しかし、獲得するチャンスはいつだって存在する。ただ、彼が毎試合ゴールを決め続ければ、それは難しくなるだろう」

 今シーズン終了までのレンタル移籍でドルトムントに加入したバチュアイ。来シーズンはどこでプレーしているのだろうか。

【関連記事】
●ドルトムント、チェルシーからバチュアイ獲得「バットマンが空いたって聞いたから…」
●ドルトムントCEO、シュテーガー監督の続投を示唆「彼に満足している」
●「シンジは“びっくり箱”ではない」…ドルトムント指揮官が語る香川真司への信頼
●アザール、困難な時期は「乗り越えた」…初先発のジルーについても言及
●アザールがベルギー最優秀国外選手賞を受賞…デ・ブライネらを抑える

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです