メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 2月16日は旧正月で本来の日本の新春である。今年の冬は寒かった。雪もたくさん降った。こういう冬を経ると、正月はなるほど春の到来だと感じられる。

 雪を見ながら「着物では歩けないな」と思う。しかし江戸時代の人々は雪の中を着物で歩いていたのである。雪国にはさまざまな用具があったが、都市部では雪の日に何を着て何をはいたのだろうか?

 まず重ね着と真綿の使用である。十二ひとえの先例があるように、江戸時代でも寒いときは重ねて着た。さらに蚕の繭を薄くのばした「真綿」があった。冬の季語にある「綿入れ」は、あわせの2枚の布の間に真綿を入れたものだ。「綿入れ羽織」もあった。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文768文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです