特集

福島第1原発事故

毎日新聞デジタルの「福島第1原発事故」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

福島第1原発

廃炉記録、次世代に 写真家・西澤さん出版へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
事故の痕跡が色濃く残る福島第1原発3号機=2016年9月、東京電力提供、西澤丞さん撮影
事故の痕跡が色濃く残る福島第1原発3号機=2016年9月、東京電力提供、西澤丞さん撮影

 写真家の西澤丞(じょう)さん(50)=群馬県高崎市=が来月、東京電力福島第1原発の廃炉作業が行われている現場を3年半にわたって撮影し続けた写真集「福島第一廃炉の記録」(みすず書房)を出版する。防護服姿の作業員や復旧が進む様子など約150枚が時系列に沿って収められており、西澤さんは「現場をありのまま伝えたい」と話している。

 西澤さんは約15年前から、製鉄所や高速道路の建設工事など「日本の現場」をテーマに撮影してきた。2011年3月、福島第1原発事故が発生。その後、東電が公表する写真は不鮮明であったことから、「現場の様子がきちんと伝わる写真を次世代に残したい」と考えたという。東電と交渉を重ね、月1回程度、現場を撮影することになった。

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文597文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集