連載

震災7年・首長に聞く

毎日新聞デジタルの「震災7年・首長に聞く」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

震災7年・首長に聞く

渡辺利綱・大熊町長 安心して戻れる町に 国は医療、福祉整備を /福島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
渡辺利綱・大熊町長
渡辺利綱・大熊町長

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から間もなく7年になる。津波被害が大きかった沿岸部や原発事故の避難指示が出るなどした自治体の首長に、復興への課題や展望を聞く。

 --震災と原発事故から間もなく7年を迎える。

 震災直後は町民の安否確認などで大変だった。今は生活も落ち着いたが、新たな課題も生じている。長いようで短いような、短いようで長いような複雑な気持ちだ。ただ、町の復興は計画、構想から実施の段階に入った。原発被害からの再建・再生は厳しいものの、王道はない。一歩ずつ確実に前進できればと思っている。

 --昨年、帰還困難区域に再び人が住めるようにする「特定復興再生拠点」の計画が国に認められた。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1545文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集