メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

えがないえほん

大ヒット ぶりぶりぶ~/ほんにゃ/ばぶりんこ 「おバカなこと」言う大人に爆笑 /山梨

「えがないえほん」をスクリーンに映し出して、読み聞かせする大友剛さん=韮崎市で

 子どもを爆笑させる絵本「えがないえほん」(早川書房、B・J・ノヴァク作)が爆発的に売れている。昨年11月に出版され、3カ月余りで累計18万部を突破した。タイトルの通りイラストは一切なし。ストーリーらしいストーリーも存在しない。にもかかわらず、なぜ子どもたちに「ばか受け」しているのか。人気の秘密を探った。【田中理知】

 絵本は「この ほんには えが ありません」と始まり、読む大人に「かかれている ことばは ぜんぶ こえに だして よむこと」を求めている。先に進むと「ぶりぶりぶ~!」「コケコッコ~」などの擬態・擬声語が続く。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1126文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  3. 冷たい濁流に体力奪われ、姉らと抱き合い5時間…力尽く 熊本・芦北の酒井さん

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです