企画展

養蚕で繁栄、湖北の歴史 長浜・浅井資料館で来月まで /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「糸取図絵馬」(部分)=滋賀県長浜市提供
「糸取図絵馬」(部分)=滋賀県長浜市提供

 湖北地方で栄えた養蚕の歴史や文化を紹介する企画展「湖北の養蚕-糸と暮らし-」が長浜市大依町の浅井歴史民俗資料館で開かれている。3月25日まで。

 湖北地方は旧東浅井郡を中心に古くから養蚕が盛んで、現在の県立長浜農業高校も1896(明治29)年に県蚕糸業組合立簡易蚕業学校として開校している。

 同展では長浜農業高所蔵の「蚕の標本模型」(明治時代)や、小谷寺(長浜市湖北町伊部)…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文468文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集