メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

企画展

伝統工芸の魅力紹介 赤膚焼など195点 県立美術館 /奈良

奥田木白の「赤膚焼 大和絵酒瓶」(公益財団法人・大和文化財保存会蔵)

 県の伝統工芸品の魅力を紹介する企画展「赤膚(あかはだ)焼・奈良一刀彫・奈良漆器…悠久の美と技」が奈良市登大路町の県立美術館で開かれている。赤膚焼、奈良一刀彫、奈良漆器の近世~近代の名作や現在活躍中の作家の作品計195点を展示。伝統工芸の「これまで」と「現在」を比較する。

 赤膚焼の名工・奥田木白(もくはく)の「赤膚焼 大和絵酒瓶」は素朴な絵付けが味わい深い。「赤膚焼 蝉飾付(せみかざりつき)唐茄子形(とうなすがた)花器」は唐茄子(カ…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです