メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フォーカス

海外視察検証/上 渡航目的、わずか一文 ずさんな派遣申請書 /岡山

同じ場所に「地下鉄網]」と不自然な記号が記された複数の議員の視察報告書のコピー。インターネット百科事典「ウィキペディア」にも同じ記号があり、ネットからコピーして張り付けた疑いがある=岡山市北区で、竹田迅岐撮影

 <focus>

 県議13人が昨年度に公費で実施した海外視察で、提出されたほとんどの報告書に同じ文章が使われていることが毎日新聞の報道で明るみに出た。取材を進めると、事前の派遣申請書もずさんで、ほぼノーチェックで視察が許されていたことが分かった。問題の視察を2回にわたって検証する。【竹田迅岐】

 毎日新聞が報告書の問題を報じた1月31日以降、県議会事務局には「税金を何だと思っているんだ。観光旅行ではないか」「(1人当たり)100万円以上かけた視察の報告書はこんなものか。ずさんで情けない」などの批判が約50件殺到したという。記者が海外視察の経緯をさらに調べると、渡航前から問題があることが分かった。

 公費を使った地方議員の海外視察は、地方自治法に基づく議員派遣だ。県議会の申し合わせによると、議員1人当たり任期中の4年間で最大2回の視察が可能となる。支出される公費は県議の期数によって異なり、1期目は計48万円以内、2期目以降は計120万円以内となる。今回は計約1446万円が支出された。

この記事は有料記事です。

残り1234文字(全文1679文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  2. 野田聖子氏、岐阜県連会長辞任を表明 保守分裂の知事選、「父と娘」の代理戦争

  3. くらしナビ・ライフスタイル @大学 大学・企業の変革主導に期待 「ジェンダー・ダイバーシティー」シンポ

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 大ガス、温室効果ガス2050年ゼロ宣言 「環境保護や社会貢献を意識」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです