特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

青が駆ける

センバツ・瀬戸内 選手紹介/12 井上海内野手 俊敏な守備の要 /広島

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
瀬戸内の井上海内野手=山田尚弘撮影 拡大
瀬戸内の井上海内野手=山田尚弘撮影

 <第90回記念選抜高校野球>

井上海(いのうえ・かい)内野手(2年)

 166センチ61キロ。軽い足の運びでボールに追いつき、素早く持ち替えた後の送球でアウトを取る。小柄だからこそ、機動力を生かしたプレーでチームに貢献する。

 昨秋の中国大会初戦で二塁手を任された。初回、相手の先頭打者がライト前に抜けそうな強いゴロを放った。体の大きい左打者で、「強い打球が来る」ととっさに反応。左手を目いっぱい伸ばして捕球し、打者を一塁で刺すことができた。「予測して反応できたのは、毎日の練習のたまもの」とはにかみつつ、胸を張る。

 センバツに向かってチームが一丸になっていると感じ、練習が何より楽しい。甲子園では「無失策に抑え、安打を打つこと」が目標だ。

 頑張った自分へのご褒美はプリン。三原市立大和中学出身。【文・小山美砂、写真・山田尚弘】

次に読みたい

あわせて読みたい