特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

燃えろ聖陵

初めての春 選手紹介/5 前里祐投手/折田玲右翼手 /愛媛

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <第90回選抜高校野球>

長打も狙える左腕 前里祐投手(2年)

 ベンチ入りメンバーで唯一の左腕投手。チェンジアップを決め球に、打ち取る投球が持ち味だ。練習試合で中越え二塁打を放つなど打撃では長打も放つ。

 入部して初めてもらった背番号は「1」。昨春の県大会地区予選でもエースナンバーを背負ったが、肩を負傷して、昨秋は背番号「10」に。「本当は1がいい」と悔しさを胸に練習に励む。

 「肩の柔軟性」が少ないことが悩みで、ストレッチなどに力を入れている。柔軟性が増すことで、球に伸びやキレが出るためだ。

 沖縄県出身。少し強面(こわもて)だが、安本雄亮選手(2年)に投打のフォームを教えるなど実は「優しい性格」。夢はスポーツメーカーなど野球に関係した仕事に就くことだ。

強肩、高い身体能力 折田玲右翼手(1年)

松山聖陵の折田玲右翼手(1年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影 拡大
松山聖陵の折田玲右翼手(1年)=松山市久万ノ台の同校で、中川祐一撮影

 1年生で唯一のレギュラー。昨秋の四国大会準決勝の明徳義塾(高知)戦では2安打を放った。「強い相手の方が燃える」

 遠投は105メートルと強肩だ。身体能力が非常に高く、学内の身体力テストでは運動部が集まるスポーツコースで1位になったほど。小学生のころは体操を習い、「バク転」も簡単にできたという。

 明徳義塾戦では2安打を放ったが、2点を追う九回、2死一、三塁の好機で三振に倒れた。あの試合を思い出し、打撃に磨きをかけようとバットを振り続ける。「ここぞという場面で打てる打者になりたい」

 兵庫県出身。から揚げやピーマンの肉詰めなど、実家に帰省したときに食べる母の手作り料理が大好きだ。

次に読みたい

あわせて読みたい