メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

裁量労働制

厚労省調査に疑義 首相答弁、野党が追及強める

 政府が今国会への提出を予定する働き方改革関連法案で、裁量労働制に関する安倍晋三首相の答弁に野党が攻勢を強めている。首相は衆院予算委員会で、法案に盛り込む裁量労働制の拡大について厚生労働省の調査を基に利点を強調したが、その調査に疑問が浮上しているためだ。野党は「データの信ぴょう性が疑われる」と追及する構えだ。

 「厚労省の調査によれば、裁量労働制で働く方の労働時間の長さは、平均的な方で比べれば一般労働者よりも短いというデータもある」。首相は1月29日の衆院予算委で、裁量労働制の対象を拡大する意義をこう説明した。

この記事は有料記事です。

残り553文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 緊急事態 愛知知事が対象追加を要請 10日午後、県独自で宣言

  5. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです