メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

幼児教育どう無償化?

茂木敏充・人づくり革命担当相

 自民党が昨年10月の衆院選で公約に掲げた「幼児教育・保育無償化」は来年4月から一部が実施される予定だ。政府は当初「認可外の施設は無償化の対象外」としていたが、認可外利用者らが反発。「一部補助」への方針転換を迫られ、無償化の対象範囲を巡る議論はなお続く。どう無償化すべきか。識者や関係者に聞いた。

待機児童対策と両方進める 茂木敏充・人づくり革命担当相

 幼児教育の無償化はこれまで毎年の予算で段階的に進めてきたが、安倍政権は昨年、消費税の使い道を見直して一気に進めるという大決断をした。3~5歳児の幼稚園、保育所、認定こども園の費用を無償化し、0~2歳児は住民税非課税世帯について無償化する。

 無償化よりも待機児童問題を優先すべきだとのご意見もいただくが、地域によって事情が異なると思う。東京…

この記事は有料記事です。

残り4207文字(全文4552文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  2. 西山さん「無罪判決もらえるよう、頑張る」 滋賀患者死亡・再審確定
  3. 除染土使用に反発「安全なら五輪に」 福島・常磐道の沿線住民
  4. 頼みのバッハ会長が水面下で「NO」突きつけ…JOC竹田会長は「詰んでいた」
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです