メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

「明治150年」を考える 負の遺産、清算の緒に=栗原俊雄(東京学芸部)

1968年10月23日に開かれた政府主催の「明治百年記念式典」。「150年」も政府主導で記念事業が進められている

 政府は今年を「明治150年」として顕彰活動を進めている。たとえば安倍晋三首相は1月22日の施政方針演説を、山川健次郎で語り起こした。戊辰戦争で、会津藩の白虎隊士として政府軍と戦った人物だ。その後東京帝国大学の総長に任じられたことを挙げ「明治政府は、国の未来のために、彼の能力を生かし、活躍のチャンスを開きました」と。50年前、「明治100年」の時も、政府は明治を顕彰する記念事業を推進した。

 他の時代と同じく、明治には国民にとっていいこともあったし、良くないこともあった。しかも、後者はいま…

この記事は有料記事です。

残り1827文字(全文2073文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 大野氏初当選 埼玉知事選 与党系との一騎打ち制す 野党共闘に弾み

  3. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  4. 「衆院選に大きな展望」野党歓迎 大野氏埼玉知事選初当選 統一加速へ

  5. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです