メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 流動化する安保 カーライル・セイヤー氏 豪ニューサウスウェールズ大名誉教授

 この1年、世界は米国の指導力が「漂流」するのを目撃した。その間隙(かんげき)を突いたのが中国だ。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」は、中国がより影響を及ぼす機会を与えた。また、米国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から抜け、日本やオーストラリア、ドイツ、フランスなどの同盟国は、より独自に動かざるを得なくなった。

 中国が東シナ海や南シナ海で軍事拠点化を進めるなか、日本は「普通の国」になるために軍事的な制約を外そ…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです