メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ1年

世界はこう見る 流動化する安保 カーライル・セイヤー氏 豪ニューサウスウェールズ大名誉教授

 この1年、世界は米国の指導力が「漂流」するのを目撃した。その間隙(かんげき)を突いたのが中国だ。トランプ大統領の「アメリカ・ファースト」は、中国がより影響を及ぼす機会を与えた。また、米国が環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や地球温暖化対策の国際的枠組み「パリ協定」から抜け、日本やオーストラリア、ドイツ、フランスなどの同盟国は、より独自に動かざるを得なくなった。

 中国が東シナ海や南シナ海で軍事拠点化を進めるなか、日本は「普通の国」になるために軍事的な制約を外そ…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文592文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです