メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

歌詞・演目、南北が火花 「体制賛美」部分→民族の一体性強調

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の芸術団「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が韓国で8日と11日に行った公演で、歌の演目や内容を巡って南北間で激しいやり取りが展開された。北朝鮮の歌の大半は体制賛美の内容のため、国民の反発を懸念した韓国政府が変更するよう要請。最終的に、南北が同じ民族であることを強調する歌詞に変えるなどして披露された。

 管弦楽団の団長を務める玄松月(ヒョンソンウォル)氏は11日にソウルで行われた公演の最終盤で舞台に上…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  4. 寝屋川中1殺害、山田被告に死刑判決 大阪地裁
  5. 札幌爆発事故 割れた窓、募る寒さ 本格復旧は来年へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです