メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

歌詞・演目、南北が火花 「体制賛美」部分→民族の一体性強調

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の芸術団「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が韓国で8日と11日に行った公演で、歌の演目や内容を巡って南北間で激しいやり取りが展開された。北朝鮮の歌の大半は体制賛美の内容のため、国民の反発を懸念した韓国政府が変更するよう要請。最終的に、南北が同じ民族であることを強調する歌詞に変えるなどして披露された。

 管弦楽団の団長を務める玄松月(ヒョンソンウォル)氏は11日にソウルで行われた公演の最終盤で舞台に上…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文860文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]