メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

フェイク 北米総局・会川晴之

 ワシントン赴任からもうすぐ2年。トランプ米大統領の「おかげ」で大ニュースが続き、大忙しだ。これは「記者冥利に尽きる」と前向きに捉えれば済む話だが、いまだに対処に悩む問題がある。フェイク(偽)に関するものだ。

 「フェイクニュース!」と叫び続けるトランプ氏の話ではない。オフィスに毎日のように届く偽請求書の扱いに困っているのだ。「早く支払わないと、延滞金が科されます」などの文書が添えられている。「どうせフェイク」と決め込むと本物だったりする…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医療従事者153人の感染判明 院内感染も発生 医療崩壊の懸念 新型コロナ

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 愛知県警でクラスター発生 警察官や親族など計21人感染

  5. 児童手当受給世帯、子供1人につき1万円支給へ 政府コロナ緊急経済対策

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです