メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金利不正操作

32億円の支払い、三菱UFJ同意 米訴訟で

 【ニューヨーク共同】ロイター通信は12日、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下銀行が、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)の不正操作を巡る訴訟で、3000万ドル(約32億円)の和解金を投資家に支払うことに同意したと報じた。

 傘下銀行は三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行。三菱UFJ側は不正を…

この記事は有料記事です。

残り101文字(全文251文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. ロシアW杯 ブラジル、覚醒の2発 ネイマールも泣いた
  4. 消費者庁 ユーチューブでの「もうけ指南」ご用心 事業者公表
  5. サッカー日本代表 トルシエ氏 1次L突破「可能性ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]