メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

マシュー・ハーバートさん=EU離脱を奏でる英電子音楽家

マシュー・ハーバートさん

マシュー・ハーバート(Matthew Herbert)さん(46)

 英国が欧州連合(EU)に離脱を正式に通告した昨年3月末、「ブレグジット」(英国のEU離脱)を冠したジャズのビッグバンドを結成した。離脱交渉の期限である来年3月までの2年間、欧州中心にライブを重ねる。

 電子音楽界で1990年代後半から頭角を現し、アイスランドの歌手ビョークさんなど大物の作品も手がけてきた。最近ではオペラにも挑戦するなどジャンルにとらわれず、反戦を貫いた米言語学者チョムスキーさんの著作を印字するタイプの音を取り込む実験的な作風でも知られる。

 EU離脱が決まった国民投票は「本当に悲しかった」。同時に「何かをすべきではないか」という思いに突き動かされた。英国を分断したこの問題を巡り、ミュージシャンの多くが口をつぐむ中、プロジェクトを通じて「国境を超えた協力、考えを分かち合うことの大切さ、思いやりの価値を信じているというメッセージを伝えたい」。

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文691文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです