メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

デフレ脱却と賃上げの関係=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 デフレ脱却ができないので賃上げ率が低いのか、それとも、賃上げが足りないのでデフレから脱却できないのか。

 前者は、賃上げ率が低い言い訳で、産業界がよく口にしてきた。後者は、最近日銀が2%物価目標を達成できない言い訳に使っている。メディアも「思い切った3%ベースアップでデフレ脱却を」と言っているところを見ると、後者の立場になったらしい。

 両者の見解は因果関係が逆なので聞いている方は戸惑ってしまうが、最近では後者の方が優勢である。実際、賃上げで家計需要が増せば、経済の拡大テンポも多少は高まるはずだ。それなのに現実の賃上げ率は企業収益の伸びより低く、労働分配率は低下している。企業収益が必ずしも賃上げに向かっていないという人々の直観は正しい。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッシャさんも感染 山本裕典さんらの舞台で共演  出演者ら14人感染確認

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. 連日200人超は第2波か 保健所「手いっぱいだ」 病院「もう少し先か」

  4. 池袋母子死亡事故 現場近くに慰霊碑、除幕式 松永さん「事故のない社会に」

  5. 沖縄、複数の米軍基地で数十人の新規感染 大規模クラスターの可能性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです