メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

デフレ脱却と賃上げの関係=リコー経済社会研究所常任参与・稲葉延雄

 デフレ脱却ができないので賃上げ率が低いのか、それとも、賃上げが足りないのでデフレから脱却できないのか。

 前者は、賃上げ率が低い言い訳で、産業界がよく口にしてきた。後者は、最近日銀が2%物価目標を達成できない言い訳に使っている。メディアも「思い切った3%ベースアップでデフレ脱却を」と言っているところを見ると、後者の立場になったらしい。

 両者の見解は因果関係が逆なので聞いている方は戸惑ってしまうが、最近では後者の方が優勢である。実際、賃上げで家計需要が増せば、経済の拡大テンポも多少は高まるはずだ。それなのに現実の賃上げ率は企業収益の伸びより低く、労働分配率は低下している。企業収益が必ずしも賃上げに向かっていないという人々の直観は正しい。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文720文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  2. 菅官房長官、アベノマスクしないのは「暑そうで」 ネット番組で

  3. 新型コロナ 北九州市、新たに14人が感染 昼カラオケ、2人増え19人に /福岡

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. ふらっと東アジア 中国「千人計画」を一律に「スパイ作戦」扱いするリスク

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです