メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

第76期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-深浦康市九段 第43局の4

切れない確実な攻め

 囲碁のタイトル戦や就位式で、何度か深浦を見かけた。一昨年、深浦の地元長崎で行われた本因坊戦も観戦に訪れ、本因坊文裕とも何度かお酒を共にしたことがあるという。「囲碁棋士の自由な発想や大局観は参考になります。最近はAIについても教えてもらうことが多いです」と深浦。

 前譜で最善手を逃したものの、形勢はまだ深浦に傾いていた。[後]7四桂~[後]6六歩と拠点を確保し、[後]8八角から香車を手に入れて[後]6七香が厳しい。「切れない確実な手でいかないとと思っていた。細い攻めだけど、桂香が入るので」と深浦。

 さかのぼって図の局面から[先]8二馬と引いた手で[後]7四桂を消す[先]8四とも局後検討されたが、…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文786文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  3. 辺野古土砂投入 沖縄知事、猛反発「法治国家としてあるまじき行為」
  4. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  5. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです