メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

狛犬の拓本2000本 世界に一つだけの「鼻」残す

狛犬の鼻に紙を押しつけ、鉛筆で狛拓を取る吉野忠夫さん=さいたま市大宮区で

 一対で置かれて神社や寺院を守っている「狛犬(こまいぬ)」。この狛犬の鼻に魅せられ、2000体以上を紙に写しとったのが吉野忠夫さん(67)だ。魚拓ならぬ「拓狛」(吉野さん命名)の奥深さを教えてもらった。

 雪が残る1月下旬、さいたま市大宮区の上小町氷川神社に到着すると、近くに住む吉野さんが出迎えてくれた。

 狛犬の鼻をかたどる作業を実際に見せてもらった。吉野さんが使う道具は、B6判の厚手の紙と、芯だけでで…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1566文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです