メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

狛犬の拓本2000本 世界に一つだけの「鼻」残す

狛犬の鼻に紙を押しつけ、鉛筆で狛拓を取る吉野忠夫さん=さいたま市大宮区で

 一対で置かれて神社や寺院を守っている「狛犬(こまいぬ)」。この狛犬の鼻に魅せられ、2000体以上を紙に写しとったのが吉野忠夫さん(67)だ。魚拓ならぬ「拓狛」(吉野さん命名)の奥深さを教えてもらった。

 雪が残る1月下旬、さいたま市大宮区の上小町氷川神社に到着すると、近くに住む吉野さんが出迎えてくれた。

 狛犬の鼻をかたどる作業を実際に見せてもらった。吉野さんが使う道具は、B6判の厚手の紙と、芯だけでで…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1566文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです