メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハマりました。

狛犬の拓本2000本 世界に一つだけの「鼻」残す

狛犬の鼻に紙を押しつけ、鉛筆で狛拓を取る吉野忠夫さん=さいたま市大宮区で

 一対で置かれて神社や寺院を守っている「狛犬(こまいぬ)」。この狛犬の鼻に魅せられ、2000体以上を紙に写しとったのが吉野忠夫さん(67)だ。魚拓ならぬ「拓狛」(吉野さん命名)の奥深さを教えてもらった。

 雪が残る1月下旬、さいたま市大宮区の上小町氷川神社に到着すると、近くに住む吉野さんが出迎えてくれた。

 狛犬の鼻をかたどる作業を実際に見せてもらった。吉野さんが使う道具は、B6判の厚手の紙と、芯だけでで…

この記事は有料記事です。

残り1364文字(全文1566文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
  2. 地震 大阪・震度6弱 渋滞し松井知事が災害会議を欠席
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 大阪震度6弱 お店、徐々に再開 一部工場で操業停止続く
  5. ベッカム 日本VSコロンビア戦パブリックビューイングでお台場“降臨” 伝説のフリーキック披露 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]