メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/192 第5章 38=高村薫 多田和博・挿画監修

 娘の喉から、吐息の小さな塊が噴き出す。あと三秒で泣きだす前ぶれの、その気配と同時に真弓は起き出し、ベビーベッドからすばやく娘を抱き上げて、夜風のように寝室を出る。夏以降、夜泣きで夫を起こさないと決めたのは、仕事が忙しい夫のためというより、自分自身の大事な懸案のために、しばらくの間はできるだけ自分と娘の気配を消したいと思ったことに因(よ)る。結婚前の個人的な事柄に夫は関係ないし、自身の少女時代に片をつける作業は、絶対に一人でやらなければならない。上田朱美と自分の間にあった特別の時間を、誰にも覗(のぞ)かれたくない、変形させられたくないという真弓の意思は固い。

 娘に乳を含ませながら、片手で日記の続きを開く。二○○五年十月二十日の<朱美×玉置>の一行は、あらた…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文969文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです