メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY原油

反落、59ドル台 国際機関が供給増観測

 13日のニューヨーク原油先物相場は小幅反落し、指標の米国産標準油種(WTI)の3月渡しが前日比0.10ドル安の1バレル=59.19ドルで取引を終えた。

     国際エネルギー機関(IEA)が石油月報で、今年は米国など石油輸出国機構(OPEC)加盟国以外での生産拡大ペースが需要の伸びを超える可能性が高いとの見通しを示したことから、売り注文が優勢となった。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪スケート 小平、親友の李相花と競い合い
    2. 将棋 里見香奈、女性初の棋士遠のく 奨励会退会決まる
    3. 五輪スケート 小平が「金」日本女子では初 500m
    4. 五輪スケート 「勝て」と言わぬ支援者 小平、金の恩返し
    5. イオンモール スペースワールド跡地 21年新施設めざす

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]