メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

28年ぶり8期連続プラス 実質で年0.5%増

 内閣府が14日に発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.1%増、この状況が1年間続いた場合の年率換算で0.5%増だった。プラス成長は8四半期連続で、1986年4~6月期から89年1~3月期まで12四半期連続のプラス以来、28年9カ月ぶりの長さとなった。前期(7~9月期、0.6%)から伸びは鈍ったものの、個人消費が回復したほか、企業の設備投資が堅調だった。

 実質GDPの内訳を項目別に見ると、個人消費は0.5%増と2四半期ぶりにプラスとなった。前期に長雨などの影響で低迷した外食や宿泊などが持ち直したほか、自動車やスマートフォンの販売が好調だった。設備投資は0.7%増と5四半期連続のプラス。人手不足に対応した省力化投資や、半導体関連の投資が堅調だった。

 住宅投資は、相続税対策の一環で急増したアパートなどの貸家建設にブレーキがかかり、2.7%減と2四半期連続で減少。公共投資も0.5%減と2四半期連続で減少した。

 一方、輸出はアジア向け半導体製造装置の輸出などが好調で、2.4%増えた。輸入は、アジアからのスマートフォンなどの輸入が増加し、2.9%増と2四半期ぶりのプラス。輸出から輸入を差し引いた「外需」は0.03%成長率を押し下げた。

 物価変動を反映した名目GDP成長率は0.03%減、年率換算で0.1%減となり、5四半期ぶりにマイナスとなった。原油価格の上昇を反映し、輸入が大きく伸びたことが影響した。

 17年の実質GDP成長率は前年比1.6%、名目成長率は1.4%とそれぞれ6年連続のプラスだった。名目GDPは546兆円となり、過去最大を更新した。【工藤昭久】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 五輪カーリング 日本がスウェーデンに逆転勝ち 2位浮上
  2. 千葉放火殺人 容疑者ら携帯で「火つけた」「死んだかも」
  3. 五輪ジャンプ 45歳葛西「22年北京もう絶対に出ます」
  4. 南相馬中2女子自殺 「学校は真実話して」 父、無念語る
  5. 五輪カーリング しみじみと吉田知「最後まで分からない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]