メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
米国

「米存亡に関わる脅威」情報長官が北朝鮮をけん制

 【ワシントン高本耕太】コーツ米国家情報長官は13日、上院情報委員会の公聴会に出席し、「北朝鮮が今年も追加のミサイル発射実験を強行すると分析している」と証言した。そのうえで北朝鮮の脅威に「どう対応するか決断の時期が近づいている。米国の存亡に関わる危機をはらむ問題であるとの事実を直視しなければならない」と述べ、危機感を示した。

 コーツ氏は「我々の目標は平和的な解決で、あらゆる手段で最大限の圧力をかけている」と述べる一方、「金…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文869文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです