メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雪

廃線間近の三江線が運休 「特需」期待の観光も打撃

一部区間の運休で、上下線が折り返し運転をしている三江線浜原駅=島根県美郷町浜原で、関谷徳撮影

 大雪の影響で、3月末で廃線になるJR三江線(広島県三次市-島根県江津市)の運休が、山間部の一部区間で1カ月以上続いている。鉄道ファンらの姿は遠のき、廃線前の「特需」に期待した地元観光業界も打撃を受けているが、復旧のめどは立っていない。

 「このまま廃線になってしまうのか……」

 始発駅の三次駅近くの「三次グランドホテル」の担当者はこう嘆く。運休前は、始発列車に乗るために多い時には50~60人が駅ホームに列を作り、北海道や関東などからの宿泊客が1日平均約20人いたが、1月11日の運休開始後はほぼゼロになった。

 JR西日本によると、運休区間は全線108キロのうち、三次-浜原(島根県美郷町)間の58キロ。積雪の…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 城に県庁鎮座は「ひんしゅく」 福井県で議論へ
  2. 韓国との協議打ち切り 防衛省が最終見解 レーダー照射音公開
  3. 平成最後のお年玉 年賀はがき当選番号が決定
  4. 愛媛県庁前で男性倒れる 手に拳銃か
  5. 33歳ユーチューバー 大麻所持容疑で逮捕 ミニチュア料理動画で人気

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです