メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡放送

HPにサイバー攻撃 153人のメアド盗み見る

 福岡市のテレビ局「福岡放送(FBS)」は14日、自社ホームページ(HP)が外部からサイバー攻撃を受け、番組やイベントのプレゼント抽選に応募した153人のメールアドレスを盗み見られた可能性があると明らかにした。その他の個人情報の流出は確認されていないという。

     同社によると、ホームページへの攻撃は昨年6月から度々あり、今月2日にも攻撃を受けた。調べたところ、プレゼント抽選計4件の応募者のアドレスを盗み見られた痕跡があったという。住所や氏名は無事とみられるが、福岡県警への相談を検討している。応募者には郵送で謝罪した。

     同社は9日からHPを休止してプログラムを改修。一部サービスを停止して13日午後に復旧させた。【取違剛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア 宮原4位、坂本5位 女子SP
    2. 五輪フィギュア 坂本「オリンピックの魔物に勝ったかな」
    3. 懲戒処分 警察「異性関係」最多 昨年・260人 県別は福岡トップ
    4. コンビニATM不正引き出し 男逮捕 18億円事件、神奈川の指示役 窃盗容疑
    5. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]