メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福岡放送

HPにサイバー攻撃 153人のメアド盗み見る

 福岡市のテレビ局「福岡放送(FBS)」は14日、自社ホームページ(HP)が外部からサイバー攻撃を受け、番組やイベントのプレゼント抽選に応募した153人のメールアドレスを盗み見られた可能性があると明らかにした。その他の個人情報の流出は確認されていないという。

     同社によると、ホームページへの攻撃は昨年6月から度々あり、今月2日にも攻撃を受けた。調べたところ、プレゼント抽選計4件の応募者のアドレスを盗み見られた痕跡があったという。住所や氏名は無事とみられるが、福岡県警への相談を検討している。応募者には郵送で謝罪した。

     同社は9日からHPを休止してプログラムを改修。一部サービスを停止して13日午後に復旧させた。【取違剛】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ホワイトハウス 米朝首脳会談中止 トランプ大統領が発表
    2. 米韓首脳会談 トランプ氏、米朝会談見送りの可能性言及
    3. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
    4. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
    5. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]