メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪大

推薦入試でミス 1人追加合格

大阪大の吹田キャンパス=大阪府吹田市で、幾島健太郎撮影

 大阪大は14日、今月4日に実施した基礎工学部システム科学科の推薦入試の口頭試問で、受け答えの際に参照する資料が面接室の受験生の机の上に置かれていない不備があったと発表した。阪大はこの部屋で受験して不合格となった4人に後日の再試験を認め、1人を追加合格とした。また、面接室の設営などを担当した教授3人を訓告とし、監督責任者の基礎工学部長を厳重注意とした。

 口頭試問は与えられた課題について教員からの質問に答える試験で、36人が四つの面接室に分かれて受験した。課題は面接室に入る前に示されるが、面接室の机の上にも置いて、受験生が参照できるようにするルールだった。しかし、面接室の一つで設営と面接官を任された教授3人は資料の設置を忘れ、試験中に「資料はないんですか」との質問が受験生から出ても、不備に気づかなかった。

 阪大では昨年2月の一般入試でも出題ミスがあり、今年1月になって30人を追加合格とした。【大久保昂】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 茨城 牛久シャトー、飲食・物販店閉鎖へ 明治36年創業
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  4. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  5. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです