メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

麻生財務相

確定申告影響「十分あり得る」 佐川長官問題

衆院予算委員会で答弁する麻生太郎財務相=国会内で2018年2月13日、川田雅浩撮影

 麻生太郎副総理兼財務相は13日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関し、財務省理財局長(当時)として文書は「破棄した」と国会で答弁していた佐川宣寿国税庁長官の問題を巡り、16日から始まる確定申告の徴税事務に影響が出る可能性を示唆した。麻生氏は「当然そういうこと(苦情)が起きることは、十分あり得ると思っておかないといけない」と述べた。

 財務省は既に開示していた同省近畿財務局の内部文書5件以外に、9日に新たに20件の内部文書を明らかにした。野党は、佐川氏の昨年の国会答弁は「虚偽答弁だった」などと批判を強め、国会への招致を求めている。

 立憲民主党の長妻昭氏が、佐川氏への苦情が国税庁に寄せられていないのかただすと、麻生氏は「人事に否定的なものや書類の保存に言及したものがあるとは聞いている」としながらも「例年と比較して、今現場で特段の支障が生じているとは聞いていない」と答弁した。長妻氏は「もう苦情は起きている。税の信頼が保てるのか」などと批判した。

 また、麻生氏は「今後も要請があり、仮に該当する資料があれば提出に向けて努力したい」と述べ、これ以外の文書の存在の有無については明言を避けた。【水脇友輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島・高2殺害 「わいせつできず怒り」容疑者、突発的か
  2. アメフット 日大前監督の内田氏、心労で入院へ
  3. アメフット 日大と勘違い 日体大が非難や中傷浴び困惑
  4. JR東 新宿-大崎駅間を一時運休へ 渋谷駅改良工事で
  5. サッカー イニエスタが神戸入団会見 元バルサ主将

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]