麻生財務相

確定申告影響「十分あり得る」 佐川長官問題

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で答弁する麻生太郎財務相=国会内で2018年2月13日、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で答弁する麻生太郎財務相=国会内で2018年2月13日、川田雅浩撮影

 麻生太郎副総理兼財務相は13日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」への国有地売却問題に関し、財務省理財局長(当時)として文書は「破棄した」と国会で答弁していた佐川宣寿国税庁長官の問題を巡り、16日から始まる確定申告の徴税事務に影響が出る可能性を示唆した。麻生氏は「当然そういうこと(苦情)が起きることは、十分あり得ると思っておかないといけない」と述べた。

 財務省は既に開示していた同省近畿財務局の内部文書5件以外に、9日に新たに20件の内部文書を明らかにした。野党は、佐川氏の昨年の国会答弁は「虚偽答弁だった」などと批判を強め、国会への招致を求めている。

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文515文字)

あわせて読みたい

注目の特集