メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ICJ裁判官

小和田恒氏、6月退任へ 安倍首相に伝える

 皇太子妃雅子さまの父の小和田恒氏(85)は13日、安倍晋三首相と首相官邸で会談し、オランダ・ハーグの国際司法裁判所(ICJ)の裁判官を6月に退任する意向を伝えた。

     小和田氏の任期は2021年までだが、今月6日、ICJに任期途中で退任する意向を伝えていた。高齢や、天皇陛下の19年4月末の退位後に皇太子さまが即位し、雅子さまが新皇后になられることも踏まえて退任を判断した。政府は選挙で選ばれる後任の裁判官に、岩沢雄司東大教授を推薦する調整をしている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 左とん平さん80歳=俳優 「時間ですよ」
    2. 裁量労働制 対象拡大反対の緊急デモ 1000人が訴え
    3. 梅田墓 大阪駅前に200人分の骨 江戸時代の墓地、初調査 うめきた再開発地区
    4. 東京マラソン チュンバがV 設楽は日本新記録で2位
    5. 東京マラソン 設楽、双子の兄追い続け「2人で東京五輪」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]