メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委

佐川氏招致が焦点 森友問題で与野党攻防

「森友学園」への国有地売却問題について安倍首相(右端)に答弁を求める立憲民主党の長妻昭代表代行(左端)=国会内で2018年2月13日、川田雅浩撮影

 「森友学園」への国有地売却問題を巡り、佐川宣寿国税庁長官を衆院予算委員会に招致するかが焦点となっている。財務省理財局長として昨年の国会答弁を担当したが、長官就任後に、答弁と食い違う行政文書や音声データの存在が発覚したためだ。野党は真相解明に佐川氏招致が不可欠と主張するが、与党は慎重な姿勢を崩していない。【村尾哲、光田宗義】

 麻生太郎副総理兼財務相は13日の衆院予算委で、財務省が9日に公表した内部文書について「法的論点につ…

この記事は有料記事です。

残り712文字(全文925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 2019年のGW 10連休が浮き彫りにする労働格差
  2. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  3. 東日本大震災 県内の大気中の放射線量 /埼玉
  4. 香港 高速鉄道、例外的な法律適用 中国の影響懸念
  5. 個人情報 本物のパスワード記載「脅迫メール」が横行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです