ジョイフル

従業員全員を無期雇用に 4月から

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 ファミリーレストランを展開するジョイフルは13日、パート、アルバイトのグループ従業員約1万7000人全員の雇用形態を4月から無期雇用に切り替えると発表した。勤続5年を超えた労働者が無期契約に転換を申請できる無期転換ルールが4月から適用されるのに合わせ、雇用が5年を超えない従業員も対象にした。店舗網を拡大するうえで労働力の確保が課題となっており、従業員の待遇を改善する。

 対象はジョイフルの店舗や工場、配送センターなどで働くグループ15社の従業員。「無期転換ルール」の対象者は6600人だが、同社は「従業員に継続的、安定的に働いてもらおうと制度を変更した」。

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文519文字)

あわせて読みたい

注目の特集