イスラエル

イラン・シリア陣営と戦闘激化の恐れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
シリア軍のミサイル攻撃を受け墜落したイスラエル空軍のF16戦闘機の残骸=イスラエル北部で10日、ロイター
シリア軍のミサイル攻撃を受け墜落したイスラエル空軍のF16戦闘機の残骸=イスラエル北部で10日、ロイター

 【エルサレム高橋宗男、ワシントン会川晴之】イスラエルと、イラン・シリア陣営の間で10日発生した直接の軍事衝突で、長年対立する両者の戦闘拡大が懸念されている。イスラエルを支援する米国やイランなどと連携するロシアも紛争激化を回避しようと当面は火消しに回っている。

米露、火消しに躍起

 イスラエル軍などによると、10日の衝突ではイスラエルが、シリア中部パルミラ付近の基地から自国領空に侵入してきたとするイラン無人機を撃墜。発進拠点も攻撃したが、シリアの対空ミサイル約20発で反撃されF16戦闘機1機が墜落した。イスラエルは報復でシリアの防空装備やイラン関連通信施設など12カ所を空爆した。

 イランはシリア内戦でロシアとともにアサド政権を支援。一方、イスラエルは内戦に距離を置きつつ、シリアでイランの影響下にあるレバノンのシーア派武装組織ヒズボラの車列を攻撃、イラン製武器がイスラエルと敵対するヒズボラに渡ることを阻止しようとしてきた。

この記事は有料記事です。

残り843文字(全文1257文字)

あわせて読みたい

注目の特集