メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

芸術団公演曲巡り韓国と火花 体制賛美の歌詞変更

 【ソウル大貫智子】北朝鮮の芸術団「三池淵(サムジヨン)管弦楽団」が韓国で8日と11日に行った公演で、歌の演目や内容を巡って南北間で激しいやり取りが展開された。北朝鮮の歌の大半は体制賛美の内容のため、国民の反発を懸念した韓国政府が変更するよう要請。最終的に、南北が同じ民族であることを強調する歌詞に変えるなどして披露された。

 管弦楽団の団長を務める玄松月(ヒョン・ソンウォル)氏は11日にソウルで行われた公演の最終盤で舞台に…

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  2. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
  3. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
  4. プロ野球 広島、マジック1
  5. サッカー デルピエロがFC岐阜にエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです