難民認定申請数

17年1万9628人 認定は20人

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 法務省は13日、2017年の難民認定申請数や認定状況(速報値)を公表した。申請数は前年比8727人増の1万9628人で、7年連続で過去最多を更新した。一方、難民認定されたのは20人(前年比8人減)、難民と認定されなかったものの人道的な配慮で在留が認められた申請者は45人(同52人減)にとどまった。

 難民認定申請数は、10年3月から申請後半年で一律に就労が可能になる運用が始まったことなどから急増。法務省は1月、この運用を廃止し、難民の可能性が高い申請者には就労が可能な在留資格を速やか…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

あわせて読みたい

ニュース特集