メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
難民認定申請数

17年1万9628人 認定は20人

 法務省は13日、2017年の難民認定申請数や認定状況(速報値)を公表した。申請数は前年比8727人増の1万9628人で、7年連続で過去最多を更新した。一方、難民認定されたのは20人(前年比8人減)、難民と認定されなかったものの人道的な配慮で在留が認められた申請者は45人(同52人減)にとどまった。

 難民認定申請数は、10年3月から申請後半年で一律に就労が可能になる運用が始まったことなどから急増。法務省は1月、この運用を廃止し、難民の可能性が高い申請者には就労が可能な在留資格を速やか…

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです