学術著作権協会

前会長ら提訴 役員報酬不正で賠償求め

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 学術論文の著作権を管理する一般社団法人「学術著作権協会」(東京都港区)は13日、役員報酬を不正に得ていたなどとして、前会長の野間豊・千葉大学名誉教授(78)らを相手に約4億円の賠償を求め、東京地裁に提訴したことを明らかにした。提訴は9日付。

 同協会によると、野間氏は常務理事や会長を務めた2009~17年度、法律や定款に基づく手続きを取らずに役員報酬を引き上げ、計…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集