メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金井飛行士

高校生提案の実験 「紙バネ」予想外の動きも

国際宇宙ステーションで紙製のバネを使った実験をする金井宣茂宇宙飛行士=JAXAのモニター画面から、大場あい撮影

 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の金井宣茂(のりしげ)宇宙飛行士(41)が13日、茨城県つくば市の高校生が提案した実験をした。高校生らは同市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで実験を見守った。

 JAXAは2011年からアジアの学生や若手研究者を対象に、物理分野の宇宙実験のテーマを公募。今回初めて日本の高校生からも募り、中高一貫の茨城県立並木中等教育学校と茗渓学園高の2件の提案が選ばれた。実験道具も手作りしてISSに届けられた。

 並木中等教育学校は画用紙やコピー用紙を渦巻き状に切った「紙バネ」の動きを観察する実験を提案。金井さんが薄いコピー用紙製のバネに重りをつけて手を離すと、金属バネと同じように伸び縮みする様子が画面に映し出され、高校生らからは歓声が上がった。

 提案者の一人で、同校5年の十川賀向(そがわ・かなた)さん(17)は「バネ自体が回転するという予想外の動きも確認できて、とても興奮している。これから映像などを基に詳しく解析したい」と話した。【大場あい】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 あの尾畠さん、今度は広島のボランティアに
  2. アジア大会 ボランティアに破格の報酬 18日夜開会式
  3. 日大チア 監督「退部許さぬ」 女子部員「自殺考えた」
  4. アジア大会 競泳表彰式で中国と日本の国旗が落下トラブル
  5. 夏の高校野球 準決勝見どころ 実力十分の大阪桐蔭と済美

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです