受動喫煙

超党派議連が対案 厳格に規制

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 与野党の議員60人でつくる超党派の「東京オリパラに向けて受動喫煙防止法を実現する議員連盟」(尾辻秀久会長=自民党)は13日、先月公表された厚生労働省の案よりも規制が厳しい対案をまとめ、議員立法で野党から提出を目指す方針を決めた。

 焦点の飲食店規制について、現在の厚労省案は、店の種類を問わず客席面積100平方メートル以下を屋内禁煙の例外とするよう検討しているが…

この記事は有料記事です。

残り273文字(全文454文字)

あわせて読みたい

注目の特集