メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国民栄誉賞

授与された羽生氏と井山氏 会見の一問一答

国民栄誉賞表彰式後の記者会見で笑顔を見せる羽生善治氏(左)と井山裕太氏=東京都千代田区で2018年2月13日午後6時51分、竹内紀臣撮影

 国民栄誉賞を授与された羽生善治氏と井山裕太氏の記者会見の一問一答は以下の通り。

 --受賞の気持ちを。

 羽生 改めて名誉ある栄誉ある賞を頂いたと実感している。これを大きな励みとして、引き続き棋士として前向きに進んでいかないといけないと決意を新たにした。

 井山 自分にとっては身に余る光栄で、いまだに実感はわかない部分もある。棋士としてまだまだこれからなので、この受賞を、今後に期待していただいているものと解釈している。少しでも成長していけるように棋士としても一人の人間としても努力していかなければいけない。

この記事は有料記事です。

残り3998文字(全文4251文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 乾、香川、柴崎らが先発 本田は外れる
  3. 地震 大阪・震度6弱 行ってきます直後 塀倒れ女児巻き添え
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. 加計学園 会見に愛媛知事「もっと早くできなかったのか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]