メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WHO

インフル、北半球で大流行 各国に対応要請

 世界保健機関(WHO)報道官は13日、北米、欧州など北半球の温帯域でインフルエンザが大流行し、東アジアでは中国などで流行が拡大しつつあると明らかにした。ジュネーブで記者会見した。日本でも大流行が続いている。

     報道官はいくつかの国では入院や緊急医療の機能が限界に達しているとの報告があるとして、各国政府に必要な対策を取るよう要請した。

     報道官によると、流行しているウイルスは3タイプで、ともにA型のH1N1型とH3N2型、さらにB型。最も流行しているタイプは国や地域により異なるという。(共同)

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 五輪フィギュア ザギトワ ロシア国旗、国歌なき金メダル
    2. カジノ法案 入場料安すぎ…異論続々 政府が値上げ検討
    3. 地下鉄 都営浅草線と三田線 停電で全線運転見合わせ
    4. 平昌五輪2018 カーリング 女子 笑顔と涙、英と3位決定戦 初回の3失点、最後まで響く
    5. J1 復帰の名古屋が白星発進 初昇格の長崎は敗れる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]