化石

ディキノドン類、国内初 山口・美祢で2.3億年前

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ディキノドン類の上あごの一部とみられる化石=山口県美祢市の市役所で2018年2月13日、真栄平研撮影
ディキノドン類の上あごの一部とみられる化石=山口県美祢市の市役所で2018年2月13日、真栄平研撮影

 山口県美祢(みね)市は13日、市営の化石採集場にある美祢層群桃ノ木層(約2億3000万年前)で発掘された化石2点が、恐竜以前に栄えた哺乳類と遠縁の陸上脊椎(せきつい)動物「ディキノドン類」と確認したと発表した。国内でディキノドン類の化石が見つかるのは初めて。

 市によると、化石は2010年、発掘体験をしていた同県周南市の会社社長、原田基也さん(60)が見つけ、市歴史…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

あわせて読みたい

注目の特集