メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

化石

ディキノドン類、国内初 山口・美祢で2.3億年前

ディキノドン類の上あごの一部とみられる化石=山口県美祢市の市役所で2018年2月13日、真栄平研撮影

 山口県美祢(みね)市は13日、市営の化石採集場にある美祢層群桃ノ木層(約2億3000万年前)で発掘された化石2点が、恐竜以前に栄えた哺乳類と遠縁の陸上脊椎(せきつい)動物「ディキノドン類」と確認したと発表した。国内でディキノドン類の化石が見つかるのは初めて。

 市によると、化石は2010年、発掘体験をしていた同県周南市の会社社長、原田基也さん(60)が見つけ、市歴史…

この記事は有料記事です。

残り277文字(全文461文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです